増額の申し込みもバンクイックの第二リテールアカウント支店へ

第二リテールアカウント支店で取り扱っている内容は細かくありますが、増額の申し込みも第二リテールアカウント支店で対応をしています。
バンクイックは現在の利用限度額よりもバンクイック増額を申請することができます。
利用実績によって審査が行われますが、基本的には限度額を50万円までに増やすことはそう難しいことではない傾向にあります。
消費者金融では収入証明が必要となる50万円までは難しくないといわれていますが、三菱東京UFJ銀行であるバンクイックでは収入証明が必要なラインは100万円とはなっているものの、50万円以上となれば審査が簡単ではなくなる傾向には確かにあります。

利用実績とはどのようなことを指しているのか見てみましょう。
まずは確実に返済を行っていることは最低限の条件として考えなくてはなりません。
返済日までに返済が確実ではない場合、増額をしたところで確実な返済が行われるのかというリスクが高くなることとなります。
そのため返済が遅れがちであれば増額の審査に通過することはかなり難しいものとなるでしょう。

また、利用中に申し込み内容に変更があったときには手続きを行っていたのかというのも意外に重要なものとなります。
契約者として常に所在を明らかにしていることは大切なことです。
そして最後に、他社からの借り入れ状況。
新規申し込み時よりも他社からの借り入れが増えている場合には増額は難しいとされています。
減っているのであればまだしも増えていればバンクイックにとってリスクが高い契約者と判断されることとなるでしょう。